Month: 12月 2016

宝くじ当たらないかなぁ…

いま住まいを建てようと噂キャプチャーを始めました。ハウス製造元を回ったり、工務仕事場にツイートを聞いたり銀行に行ったりとやる事は腹一杯なのですが、噂が集まれば固まるほどやはりお金が足りない事を痛感させられます。ハウス製造元はそもそも総計が高くウチの様な景気ではやり方が出ませんし、こだわりの強いボクには機器最悪になりそうです。工務仕事場は融通が利くだろうと話を聞いても「住まいって色々お金がかかるなぁ…」と認識できるだけでなかなか前に進んでいきません。住居貸し付けの利率は今が底値というご時世ではありますが、入金もろくに欠けるわたしには借りるにも余分なお金が掛かるばかりで本当に源欠損を感じざるを得ません。これから子どもにも学資が繋がる様になっていくから積み重ねもしなくてはいけないとなると住まいは諦めようかと思ったり入金を先に貯めた方が良いのかと考えたり、家作りそのものどの様にしたらよいのか考えさせられます。
そうなると、非現実系になってきて福引き当たらないかなぁ…として仕舞う訳です。そうしたら元手一括で建てれるのに…とか思いっきりキャッシュの事を気にせずこだわった住まいが作れるのにと思ってしまいます。何を講じるにも先立つものはキャッシュですなぁというと共に福引きに夢見てしまうデイリーです。http://datsumou-concierge.com/%E8%84%B1%E6%AF%9B%E7%9F%B3%E9%B9%B8/kstop%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F.html

ストックの予測、固定費の軽減

預貯金の類推、つまり“月収が入ったら、マキシマム最初に預貯金をする”ということです。預貯金ができるかどうかは、こういう「預貯金の類推」をするかどうかによると言っても過言ではありません。ポイントはいろいろありますが、おススメなのは「自動的積立の定期貯金」です。支度さえしておけば、月収が入ったら勝手に貯金案件ポッケに振り替え(積み立て)を通してくれるので、自分では何もする必要がありません。残る現金を生活費として月収をやりくりしてください。また「定期貯金」ですので、自由に現金を引き出すことはできません。逆にその差し障りが“預貯金に手をつけるところへの取り締まりスキル”になるというプラスアルファがあります。ないしは貯金案件ポッケを作って月収日光に自分で振り替えを行なう形でも問題ないでしょう。要するに“残る現金で預貯金をする”では、何だかんだで失敗してしまう可能性が高いので、初めに現金を選り分けてしまうことが大切です。「既存費」は月額決まった額で発生し積み重ねる代価のことです。例としては、店賃・駐車場代・一般車代・新聞紙お代・ケータイお代・web通知費・プロバイダ車代・保険・わが家貸付・習い事やプールなどの月謝・ウェブやTELページなどの月額費用などがそれに当たります。既存費は、月額(ほぼ)おんなじおでこがかかって現れるアイテムなので、逆に言うと一度見直してしまえば“低減効能がずっと貫く”というプラスアルファがあります。特に「店賃」は、費用自体がとても大きいので、思い切って店賃の安い近郊に引越したり、ひと回りちっちゃな間取りの屋敷に引越すなどができれば、年間でかなり大きな減額ができるはずです。フルアクレフの口コミについてはこちら